FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

イラスト集発売

書籍制作を担当した、「アビスアンドダークモンスター画集」が発売されました。

アビスアンドダーク モンスター画集 (エイコードバンクブックス)アビスアンドダーク モンスター画集 (エイコードバンクブックス)

表紙の絵は、特に目指したわけではないんですが、なんとなく80~90年代初頭の洋物RPGのパッケージイラストみたいになったような気がします。
アビスアンドダークがお手本にしている古典ウィザードリィがそのあたりの年代なので、ちょうどよかったかも?

個人的には、画集って絵がひたすら並んでるというイメージだったんですけど、ゲーム作者の三浦さんがすべてのモンスターの生態を書いてくださって、古今東西の神話や伝承も垣間見えるような内容になってます。
ただ絵を見るだけというのもつまらないかなと思って、全体の構成も工夫しました。妖魔の洞窟→ルシェンタ遺跡→ゲソルの神殿…というように、ゲームの進行順に沿って構成しました。途中、拠点となる町の背景イラストとか、ゲーム内のセリフも散りばめたりして、いわばゲームそのものを追体験するような雰囲気を目指しています。

20180713_021326814_iOS.jpg 20180713_020958728_iOS.jpg見開き表示にも対応してます。

20180713_020741075_iOS.jpg 20180713_021156046_iOS.jpg

思えば、中学生の頃ウィザードリィに感化されて誰に見せるでもなく、独自のモンスター事典をひたすら描いてました。
(あと、「隣り合わせの灰と青春」に影響されて、それっぽい漫画をノートに描いたり…)
自分はゲーマーとしてはあまり熱心なほうではないので、テレビゲーム自体は高校になるとほとんどやらなくなったんですが(ちなみにウィザードリィも大人になってから「リルガミンの遺産」と「BANE OF THE COSMIC FORGE」をクリアしたのみ)、羽田健太郎さんの音楽と末弥純さんのモンスターが醸し出す雰囲気は、ずっと自分の心をとらえ続けました。

曲がりなりにもイラストの仕事をするようになってからも、「ウィザードリィみたいなモンスター描きたいな…」ていう思いが心の片隅にあり、エイコードバンクさんに拾われて、「ウィズライクなゲームのウィズライクなモンスターを描く」というドストライクな仕事いただいたのは、ほんとに幸運だったと思います。
なんだか仕事といっても、半分三浦さんが創り出した世界の中で遊ばせてもらってる、という感覚でした。

…と、ちょっと感傷的になってしまいましたが(笑)
今の時代、セルフパブリッシングもいくらでもできるのでイラスト集が出ること自体は大きな事件ではないかもですが、感慨深いもんがあります。
ロバート・ウッドヘッドさんもインタビューの中で「Wizardryは延々と連なった長い鎖の輪っかの一つ」とおっしゃってますが、アビスアンドダークもその輪っかの一つとして今後も愛されていけたらいいなと思います。





スポンサーサイト
Date: 2018.07.13 Category: お知らせ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

マルムギ コウジ

Author:マルムギ コウジ
岐阜県在住。
趣味で絵を描いてます。
仕事も受け付けてます。(絵柄はピクシブをご参照ください)
作業環境
OS:windows10 64bit
Soft:photoshopCS5
CLIP STUDIO PAINT

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
素材販売
booth.jpgファミコン風RPG基本マップ素材セット DLsite.com直リンクbanner.gif

 

宣伝
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。