ボーンアニメ

最近、仕事場でCocosStudioの「アニメーションエディタ」というのを触る機会がありました。
いわゆる「ボーンアニメ」というやつで、スマホのアプリなどのライトなゲームのアニメーションで需要があるみたい。
3Dや従来のパラパラ漫画的なアニメにくらべて手間も容量も食わないみたいですね~。
昔アニメの仕事してたけど、セルアニメとは勝手が違うのでけっこう動きを作るのに苦労します…。

やっぱり今のところ、簡単な動きでない限りはClipStudioPaintのアニメ機能で、昔ながらのパラパラ漫画の要領で動きのアタリを描いて、それをもとにボーンを組んでいくというやり方がやりやすい。
それにしてもClipStudioPaintのアニメ機能って、オニオンスキンやライトテーブルなど、痒い所に手が届く機能がいっぱいで、CLIP STUDIO ACTIONと連携すれば「原画までならデジタルのほうが早いかも」て思える。
即座に動きのチェックができるし、動きの参考はネット上に動画でゴロゴロ転がってるし…時代の移り変わりってすごい!

と、話がそれましたが、最近ボーンアニメにも興味津々です。
ただCocosStudioのアニメーションエディタは、当然Cocos専用だし、わりと基本的な機能しかないっぽいので、(あと解説サイトなどもほぼ皆無)ほかのアニメ制作ソフトを調べてた。

とくにメジャーなのは「Spine」と日本製の「SpriteStudio」というソフトみたい。

で、どちらも体験版をダウンロードして触ってました。
まだ使い方もよく分からないので、どっちが自分に合ってるかわからないけど、
SpriteSudioは、日本製だし個人やインディーの開発者はバナー表示などの条件付きで無料で使えるので導入はしやすいですね。

ネットでみた印象だと、Spineはメッシュ機能が便利そう。Photoshopのパペットワープみたいに、しっぽとかパーツごとに分割しなくてもひとつの画像をグニャグニャ曲げたりできる。

対してSpriteStudioで目についたのは、エフェクト作成機能を備えているということ。

個人的に気になるのは、ボーンなどでひな形のモーションを作って、そのひな形にいろいろなバリエーションの画像を差し替えられるか、ということ。
あと、アニメーションの途中でパーツを差し替えたり表示順を変えたりということが簡単にできるだろうか、ということです。

たぶんどっちのソフトでもできるとは思うので、そのやりやすさを探ってみたいな~と思ってる今日この頃です。

とりあえず、SpriteSudioでひな形となる歩行アニメをつくってみた。

dollBoy_anime_1.gif


スポンサーサイト
Date: 2016.06.29 Category: 日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

マルムギ コウジ

Author:マルムギ コウジ
岐阜県在住。
趣味で絵を描いてます。
仕事も受け付けてます。(絵柄はピクシブをご参照ください)
作業環境
OS:windows10 64bit
Soft:photoshopCS5
CLIP STUDIO PAINT

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
pixivデイリーランキング
pixivマイイラスト
本棚
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード