FC2ブログ

クラウドアトラスの感想


クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/07/10)
トム・ハンクス、ハル・ベリー 他

商品詳細を見る


前からすごく見たかった映画、クラウドアトラスみました。

期待通り!

いや、それ以上の面白さでした。



ネタバレありますよ



とりあえず、予告編を見た段階で、めっちゃスケールがでかいのはよく分かる。
なにせ、人が生まれ変わりながら、さまざまな時代のさまざまな人生をみせていくんだから。
19世紀?くらいから始まって、ずっと先の未来までやる。
なんか、その壮大さに、「とりあえず、これは見なければ!」と思ってましたw

いちおう、主人公、というか便宜的なお話のまとめ役のような存在として、トム・ハンクス演じる男とハル・ベリー演じる女性とがいますが、時系列に沿ってきれいに成長していってハッピーエンドを向かえるから、メインとして扱われているというかんじ。
彼らも別のエピソードでは脇役だったり、トム・ハンクスにいたっては、悪役だったり。

で、そんな主人公も時代もバラバラなエピソードが、並行して描かれていきます。
19世紀おわったら、次、第二次大戦間際とかじゃなく…。

トム・ハンクス演じる男は、19世紀の時点ではすごく強欲な男だけど、生まれ変わっていくうちに魂が成長していって、最終的には人々を救う手伝いをする、という時系列で見れば魂の成長物語なんだけど、さまざまなエピソードが同時並行で描かれてるので、過去も未来も同時に存在してるような不思議な感覚になります。

ある作曲家のエピソードでは、未来の世界から曲のインスピレーションを得ていたり…。
もちろん、それが未来だとは本人はわからないわけですが…
たしかに、インスピレーションってやつは、いったいどこからやってくるんだろう、て不思議に思うこともあります。
なんか、人生のさまざまな瞬間が、時間と空間を越えてつながり合ってるって、ロンマンチック!!

つながりあってるといえば…人間の思考パターンとは、生まれてからずっとの経験に対する解釈の積み重ねによって脳みその中に物理的に回路が構築されることによって生まれていくという。
それによって、特定の物事に対して、特定の反応を示す頻度が高くなり、同じ反応を繰り返すほど、その回路は強化されていって、年とともにどんどん頑固になっていく。(信念を持っている、という言い方もできるかもしれない。)
この映画の中にも、

「なんで人は同じ過ちを何度も何度も繰り返すんだろう。」

ていうセリフがでてきますが、人生そのものが一つの思考パターンのようで、もっと巨視的には魂の成長過程自体が脳の神経回路のようにいくつも複雑に絡み合ってる…そんな印象を受けました。

そして、そのパターンは絶対的なものではなく、決断によってブレイクスルーできるもので、その決断は別の人生を支えてもいる、てちょっと勇気付けられる映画です。
ほうき星のあざは、なんらかのブレイクスルーを果たす人たちの紋章みたいなもんか?



あと、個人的にツボだったのは、未来の描写。

絶対、アトランティスを意識してると思う。

未来はテクノロジーが発達していて、ネオソウルは水没しつつある。やがて崩壊していくのだけど、世界が崩壊した後の人々にとって、かつての人々は賢く偉大な人々として語り継がれている。
実際には、自らの欲望によって自滅したわけですが。

ありふれた設定かもしれませんが、僕は大好きです…。

「眠れる預言者」と言われた、エドガー・ケイシーがリーディングによって伝えたアトランティスの描写は、水陸両用の乗り物や空を飛ぶ乗り物が出てきたり、「モノ」とよばれる自動人形が労働を担っている。
要するにテクノロジーが発達した世界だ。

ネオソウルにも「複製種」とよばれる、人工的に作り出された人間たちが、さまざまな労働に従事していて、自由のない生活をしている。

「モノ」もどうやらターミネーターみたいな機械ではなくて、なんらかの生命だったようだ。そして支配する側の人間の間にも、彼らの人権をめぐって激しい争いがあった、というような描写があった。
映画でも「ソンミ」という複製種が、革命組織によって救われて、人々の覚醒と複製種の解放のために立ち上がるわけだけど、なんか似てる…。

なのでアトランティス好きとしては、そのあたりの設定がめちゃくちゃツボでした。

そして19世紀には、支配する側だった白人が、崩壊後はかつてのテクノロジーを忘れた原始的な人々になっていて、奴隷だった黒人が先進的な人々として描かれてるのも、モラルの問題ではなく、単純に演出としてツボでした。

崩壊後の緑にすっかり覆われた土地に、微妙にかつての構築物が残ってるあたりとかも、なんかいい。

いろいろと見ごたえのある作品でした!




スポンサーサイト



Date: 2013.07.13 Category: レビュー  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

マルムギ コウジ

Author:マルムギ コウジ
岐阜県在住。
趣味で絵を描いてます。
仕事も受け付けてます。(絵柄はピクシブをご参照ください)
作業環境
OS:windows10 64bit
Soft:photoshopCS5
CLIP STUDIO PAINT

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
素材販売
booth.jpgファミコン風RPG基本マップ素材セット DLsite.com直リンク
宣伝
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード