悪魔




再び友人とのコラボです。

邪悪な曲を作ってくれたんで邪悪なイメージイラストを描いてみましたw

オリジナル画像はこちら→悪魔s


始めはmonotoribeというシンセだけの曲で機械っぽかったんだけど、ギターを足したらすごくドラマチックに変化したんですげーと感心。
なんか悪魔のコードwというのがあるらしく、ゴシックで悪魔チックに変身しました。
最初のSEもシンセで作ったものだそうで、なにげにそれが一番びっくりしたかも。(てっきりサンプリングかなんかかと思った…)

イラストは、曲の雰囲気を受けて始めは「闇夜の森の中で魔法使いが秘密の儀式をしていて、それを後ろで心霊写真っぽく悪魔が見つめている…」というイラストにしようと思ったんだけど、ちょうどその日にネットで楳図かずお原作の「おろち」ていう映画を見まして、そこで描かれていた「美への執着」というテーマにインスパイアされて、「やっぱ女の人を描こう!」となり、こうなったわけです。

魔法を唱えるにしても、何を目的に唱えているのかっていうことが加わるだけでがぜんドラマチックになるってもんです。

SEにあわせて窓の外では土砂降りの雨が降ってるっていうふうにしたんだけど、いろいとテクスチャ載せたりしたもんだから分かんなくなっちゃった…。いちおう窓の外の風景も描いたんだけど…まあ全体の雰囲気としては焼けただれたフィルムのような荒れた画質というか、意識の深層のようなあんまりはっきり見えない感じにしたかったので、そういう意味ではけっこう自分の意図した感じの画面作りが出来ました。


「美への執着」にインスパイアされて描いたわけですが、この絵の中の女性は自分のつもりで描きました。
というか、どんなイラストを描くにしても結局自分の心を映すことになるような気がする。
魔術は、外部の力を表します。現実世界の場合、それは肩書きだったり、パソコンだったり、車だったり、化粧品だったり、ファッションだったり、知識だったりする、「自分をパワーアップさせるような気がするもの」です。
でも、はたしてそれは本当に自分をパワーアップさせているんだろうか?
美に執着して、化粧やファッションに凝るばあい、その裏側には「老いて醜くなることに対する恐れ」があるかもしれない。
となると、パワーアップというよりは、おそれを一時的に忘れさせてくれるものなんじゃないか?そして外部の力に依存すればするほどおそれは心のドアを強く叩く。
強くドアを叩く音をかき消すためにはより強力な魔法が必要だ。そしてどんどん狂気に蝕まれていく…。
そんなイメージで描きました。すごく極端ですが…。
でも自分の中に確実におそれから逃げて外部の力にすがろうとする心があるので、戒めみたいなものです。
そうやって外部に自分の力を明け渡す=魂を売ることによって自分の中の悪魔=エゴはほくそ笑むというわけです。


いや~ちょっと疲れたw



友人のHP
独自のインストをいっぱい作ってて、聴くこともできます。なんか何度も聴いてるとするめのように味が出てくる…w
邪悪で独特な世界観はイラストにもいろんなイメージを与えてくれますね。
スポンサーサイト
Date: 2012.03.30 Category: 音楽  Comments (2) Trackbacks (0)

イラストお仕事募集

仕事の宣伝なんで恐縮ですが…

以前イラストの仕事で関わった選挙啓発の冊子が見られるようになりました。

同じ職場にいた方が手がけたんですが、このたび愛知県の選挙管理委員会のホームページがリニューアルしまして、そこから冊子にリンクできるようになってます。

若者向けのもの(投票の流れのイラスト)と子供向けのものの計2冊。

愛知県選挙管理委員会

現在、「ご職業は?」と聞かれれば「フリーのイラストレーターです」ってことになります。
この他にも官公庁向けの介護関係、障害者福祉関係のイラストを100点以上手がけさせて頂きました。

仕事は随受け付けてますので、何かありましたらブログ下部にあるメールフォームよりお気軽にどうぞ。
マンガでも結構です。タッチはある程度融通が利きます。
※マンガに関しては、シナリオの作成は出来かねますので、コマ割りからの対応になります。


以上宣伝でした☆
Date: 2012.03.22 Category: お知らせ  Comments (0) Trackbacks (0)

ファミコンパレット

ドット絵モンスター描いてて思ったこと…。

「ファミコンの赤ってこんなに青みがかってたっけな?FF3のオニオンレッドはもっと黄味の赤だったような…。」

で、今日はネットでひたすら調べてました。
まあ、機械のことはよくわからんですが…とりあえずRGBではないらしい。アナログテレビの輝度信号にカラーの信号を乗せて…ゴニョゴニョ、うーんむずかスィー!

とにかくパソコンモニター上で再現しているファミコンの色というのはあくまでも擬似的なものであって近似値にすぎないとのことでした。

じっさいいくつかのサイトからファミコンのパレットをお借りさせていただいてみたところ、おおむね似通っているものの異なる部分もあり、特に赤に関しては黄味の赤を備えたものもありました。

これらのパレットをベースに自分好みの色に多少変更させてもファミコン風という意味では問題ないだろう、ということで、自分なりにカスタマイズしたりして過ごしてたわけですが、ふとこんなサイトをみつけました。

ここにファミコンのカラーバーというのが載ってて、キャプチャ画像なのでかなり濁ってはいますが、説得力あるなあ、と思いこの色をベースにしてパレットをつくってみました。

famipalette.jpg

濁ってるので全体的に明るさと彩度を上げて個別にも少しいじってるので、かなり主観は入ってますが、まあ近似値には変わらないんじゃないかなあと思います。

GIF画像を貼っておくので興味の有る方はどうぞ。

famipalette.gif


Date: 2012.03.21 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

ファミコンの限界

ファミコンにはいろんな制限があるらしい、ということを覚えてそれに基づいてグラフィックなどつくってみたわけですが、一番苦労するのは使える色数の問題です。

グラフィックにはBGとスプライトという二種類があって、BGは文字通り背景グラフィックとして、スプライトはキャラみたいにちょこちょこ動くやつ…というふうにざっくり解釈してました。スプライト(映像技術)←てなことらしいです(汗)
で、使える色数は以前にも少し触れましたが、BGとスプライトそれぞれが3色+透明色を4パターンまで、+背景色が1色で総計25色だそうです。

しかもBGは16*16ドットごとにしかパレットを割り当てられないらしい。

001S+グリッド
これは以前載せたモンスターを16*16ドットにラインを入れたものです。

001Sパレット
で、これがパレット構成。
1つのモンスターに3種類のパレットを使っちゃってます。
いちおうBG扱いのつもりでやってた。ていうか動かないものは基本BGなのかなあと思ってたので…。

そうなるとBGに4パレットまでだからあと1パレットしか使えない。当然戦闘シーンにはウインドウ画面も出てくるから、それでもういっぱいだ。
FFみたいに画面の上に草原の絵とか出そうとしてももう無理じゃん。しかも別の種類のモンスターも同時に表示させようと思ったら、同じ色のパレットを使ったモンスターにする必要がある。

もうちょっとなんとかならんかなあ。
と思っていろいろ調べていたところ、こんな動画をみつけました。



すごい勉強になった。
ドラクエの戦闘シーンとかめっちゃ参考になりました。
このまえアップした、パレット数を超過したとおもってた「shining planet」も全然いけますね!

これもすごい…。


あと音楽とかも拡張音源でかなりファミコンばなれしたサウンドのゲームとかありますね。



なんかレトロゲーム作るとしたら、ファミコンの限界あたりの「え?これがファミコンなの?!」て感じのものをつくってみたいですw…いや、もちろんパソコンでつくるんでファミコンじゃないんですけど。


Date: 2012.03.20 Category: 制作日記  Comments (0) Trackbacks (0)

原始グレイ

ドットモンスター第二弾。

グレイ2


ゴブリン的な位置づけのザコキャラを描いてみました。

なんかおもいっきり宇宙人のグレイですが、グレイだって昔は原始人だったんだろうと思います。

グレイ←元絵
Date: 2012.03.19 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

マルムギ コウジ

Author:マルムギ コウジ
岐阜県在住。
趣味で絵を描いてます。
仕事も受け付けてます。(絵柄はピクシブをご参照ください)
作業環境
OS:windows10 64bit
Soft:photoshopCS5
CLIP STUDIO PAINT

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
pixivデイリーランキング
pixivマイイラスト
本棚
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード