スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

インダストリアル

新たにイラストを描きました。

インダストリアル


今回は友達が作った音楽にインスパイアされて描いてみた。
ちょっとインダストリアルな感じのビートにのせて哀愁漂うメロディーがのってる曲で、想像力を掻き立てられました。
夕焼けと機械と異世界がキーワードです(^^)

どうもイラストの色塗りで、パーツごとに細かくレイヤーをわけて塗っていくというやり方がなじめなくて、色のことを考えずにとにかく光と影の表現を全体的にバーッとやっちゃいたいといつも思う。
今回は夕日を浴びていることを意識してセピア色みたいな色だけで全体的に影やハイライトをつけてみた。
そしてひととおり塗ってからそれをパーツごとに分割し、そしてそれぞれのパーツの色を色調補正で調節するというやり方でやってみました。

最初は、色調補正ではなくレイヤーの合成モードを「カラー」にしたものをつくって下塗りの上に塗ってこうと思ったんだけど、どうも思い通りにいきませんでした。
「カラー」だと下の色や彩度には影響を受けず、影響を受けるのは明るさのみなので、モノクロで塗って上から色だけ乗っけるというやり方がうまくいく、と思ったんだけど、なんか理屈はわからんけどいい感じにならなかった…。

結局、分割したパーツごとに「色相・彩度」や「チャンネルミキサー」で色を変えて、上から更に「乗算」や「スクリーン」で影やハイライトの手直しを施すことに。かえって手間がかかっちゃいました。

うーん、でも結果的には納得のいく作品になったからいいか!
今回のやり方もすこし改善すれば生かせそうです。分割作業したくないのは影やハイライトだけなので、ベースの色は最初から分割してベタ塗りしておけばいいかも。

ちなみに女性が連れている動物は「グリプトドン」というアルマジロの祖先がモデルです。6000年前に絶滅したらしい。
そんな太古の生き物がいると同時に寂れた巨大なパラボラアンテナみたいな建造物があったり…過去なのか未来なのか、テクノロジーが進んでるのか退化してるのかわからないような異世界をねらってみました。

女性も人間じゃなくてロボットかもしれません(^^)
スポンサーサイト
Date: 2012.02.25 Category: イラスト  Comments (0) Trackbacks (0)

塔のある風景

塔のある風景

風景画を描きました。

今回はphotoshopのみでやってみた。
ていうか、もっとphotoshopのブラシを使いこなしたい!と思って今回はほとんどカスタマイズしたブラシしか使わなかった。
草原を描くために草のブラシを4種類、針葉樹林のブラシ、岩肌のブラシなどなど…いろいろ自作しました。
意外とチョークみたいなブラシが活躍。あのバシッとメリハリの付く感じがいい。けっこう思い切りが必要だけど。トライ&エラーしまくりです。

遠くにあるのは、いちおう「塔」です。
自然の岩を用いた、エコな(?)超高層ビル。
何百年かのちには、こんな景色があるかも?


Date: 2012.02.20 Category: イラスト  Comments (0) Trackbacks (0)

アシスタント

最近、バイト先でマンガのアシスタントをしました。
別にバイト先はマンガ家先生のお宅でも、漫画制作会社でもないんですが…
なので、こんな機会に巡り合えるなんてほんと幸せ☆

しかも少女漫画だったので余計に貴重な体験でした。
今回のマンガにも生かせるかも?!と思ったんですが…やっぱ無理。
今回のマンガは毛色が違いすぎです。少女漫画みたいな繊細さのかけらもないような感じなんで。
黄門←こんな感じ。

でも今回photoshopやSAIを使ったマンガ制作というのを経験できて、よかったです。もはや網トーンではなく完全にグレースケールでやってました。
これからは模様としてはともかく、グレー表現としての網トーンは必要ないかもしれません。
ペン入れなどはphotoshopはいまいちですが、トーンを貼るのにいろんな選択範囲の指定の仕方があるので、そのへんはやっぱphotoshopは柔軟性があっていいなあと思います。

今回のこのイラストはペン入れまではCLIP PAINT Labでやってグレーの色はphotoshopでやりました。まあこれくらい全部CLIP PAINT Labでやってもいいんだけど。

ちなみにCLIP PAINT Labの0.82が発表されました。
今回、「ベタ塗りレイヤー」と「グラデーションレイヤー」が追加されるということで、photoshopとの互換性をかなり期待したんですが、残念ながら互換性はなしでした。(普通のマスクに変化してしまう。)

ペンはかなり改善されたようです。
いぜんは手ぶれ補正を上げ過ぎると使い物にならなくなってました。個人的にはそんなに手ブレ補正を上げないのであんまり関係ないんだけど…。
ともかく今後ともよりよくなってほしいものです。

Date: 2012.02.11 Category: 制作日記  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

マルムギ コウジ

Author:マルムギ コウジ
岐阜県在住。
趣味で絵を描いてます。
仕事も受け付けてます。(絵柄はピクシブをご参照ください)
作業環境
OS:windows10 64bit
Soft:photoshopCS5
CLIP STUDIO PAINT

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
pixivデイリーランキング
pixivマイイラスト
本棚
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。