スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ひきつづきCLIP PAINT Lab

CLIP PAINT Labにはあらかじめ素材がいくつか入っていて、自分でつくった素材なんかも登録して管理することができる。

あらかじめ入ってるのはそんなに数はないけど、3Dのキャラをポーズをつけて配置できたりしてコミPO!みたい。
キャラのポーズをテンプレートだけでなく自分で作ったりもできるから、もっと高機能かな?

素材のみでちょっとした作品を作って見ました。
素材だけ
スポンサーサイト
Date: 2011.12.23 Category: 制作日記  Comments (0) Trackbacks (0)

CLIP PAINT Lab感想

先日触れたCLIP PAINT Labを使って、今日は実際に描いてみました。

そしたら、いろいろ細かいことで「どうなんだろ?」てのがでてきた。

単にまだ使いこなしてないだけで、もっとちゃんとマニュアル読めば解決するレベルかも知れないけど、ブラシのカスタマイズがなんかうまく行かなかった。
ペンも仕様なんだろうか?入り抜きがわざとらしく入っちゃったりして、いちおうカスタマイズで入り抜きをOFFにしてもやっぱ過剰に入り抜きがでてしまう気がする。
あからさまにグッとちからをこめてストロークを止めれば抜きは発生しないんだけど。

あとベクターの線の編集に関してはあんまり軽快ではないかなあ。
動きがちょっとがたつく。PCのスペック的には問題ないはずなので、そのへん製品版でなおるといいなあ。
あとベクターの線の色を後で変えるとき、決定するまえにプレビューで確認できたらなあと思った。
わりと後になってあれこれ微妙に色をいじりたくなるので、そのへんも改善されるといい。

もっともこまかい色調補正などはフォトショでやったほうがいいのかもしれないけど。

あとはテキストで、行間は決められるけど字間は決められないってのも気になった。

…よし、掲示板に要望を書きこんでおこう。
基本的にはかなり期待できるソフトなのでもう一押しがんばってほしいもんです。

ナウシカ自信ないんで、名乗らせました。
Date: 2011.12.23 Category: 制作日記  Comments (0) Trackbacks (0)

面白そうなソフト

来年の春にセルシスが「CLIP STUDIO」なるソフトを発表するらしい。

すでに今年の春頃から「CLIP PAINT Lab」という試用版を公開していたけど、その正式な製品版というわけだ。

このソフト、64bit環境を前提としている。今のところ64bitをネイティブサポートしているグラフィックソフトはフォトショとペインターぐらいだと思うので、これはでかい。
またイラスタとコミスタの機能を併せ持つらしいので期待は高まるばかりです。

イラスタはあんまり触ったことはないんだけど、安いし高機能だし、かなり優秀なソフトだと思ってました。
ただフォトショとの連携が悪いのと、動作の重さが致命的でそれさえなければSAIよりだんぜんお得だと思います。

今回のこのソフトはイラスタのそういった弱点はかなり改善してると思う。
「CLIP PAINT Lab」をダウンロードしてちょこっと触ってみましたが、フォトショのデータはSAIなみに再現されました。(パスデータ、チャンネルは破棄、色調補正レイヤー、ベタ塗りレイヤーなども忠実には再現されない。仕方ないけど。)
あと、イラスタ同様ベクターレイヤーもあり、パスを使ったペン入れも可能で今回は動作も軽快なので、少なくともこの試用版の時点でSAIを抜いた感じです。

今回その製品版の機能概要が発表されて、コミスタ、イラスタゆずりの便利機能が満載という感じです。

しかもコミスタユーザーは無償で製品版を使えるらしいので、もうこれは使うしかないでしょ!

セルシス、太っ腹だ。レタスプロを10万とかで売ってた時代もあったのに!


「CLIP STUDIO」機能概要
Date: 2011.12.21 Category: 制作日記  Comments (0) Trackbacks (0)

トランスフォーマー

トランスフォーマー

選挙啓発のイラストの仕事も終わって、ちょっと一息。
またCGイラストって感じの一枚絵を描いてみたいな~と思いつつ、イラレで全然関係ない遊びをしてました。

最近あたらしいPCを買ったので、フォトショップも64bitのものを使っていますが、まだその底力を見てない…。ぜいたくにレイヤーを使った大きな絵を描いてみたいです。

あと、全然関係ないけど最近RPGツクールの最新版がでましたね。
ファミ通のサイトで買うとついてくる特典がなにげにほしいです。SFCのRPGツクール1,2のBGM素材集なんだけど、その当時が一番RPGにはまっていて、いくつかゲームも作ったので思い入れがあります。
特にRPGツクール2のBGMはかなり名曲だと思う!
今はゲームとか全くハマれなくなってしまい、PS2もDVDデッキと化していますが、RPGツクール最新版とか聞くとなんか気持ちがうずきます。
ツクールでツクリてぇ~!

素材でもつくろうかな。
Date: 2011.12.18 Category: 制作日記  Comments (0) Trackbacks (0)

イラレの検証

イラストの仕事はSAIとphotoshopを使ってやってたんだけど、会社のパソに入れてあるSAIがライセンスの関係で使えなくなってしまった…。

で…いい機会なので急遽、イラレを使ったやり方を導入してみた。
以前からイラレを使って出来んもんかな、と模索していたのだ。

で、イラレの「ブラシツール」がなかなか使えるやん、ということに気づきました。
このツール、SAIでいうところの「手ぶれ補正」の機能もついてるし、筆圧も感知して線の強弱もつけられる。とても感覚的に描くことができるのでさっそくこれを使ってイラストを描いてみた。
線の修正は「アンカーポイント」と「ハンドル」を使って操作するので、慣れてなくてどうも思うようにいってくれないけど、慣れればかなり微妙な修正も容易にできるそうなので、練習あるのみです。ていうか、なんとなくSAIよりもストライクな線が引きやすく、あまり修正の必要がないです。

全部イラレで完結させる、という手もあるけど、いちおう仕事でやってるやつはこれまでどおり、塗りはphotoshopでやることにした。

そもそもイラレで仕上げまで出来るだろうか?
それで塗りに関してもイラレでトライしてみた。なかなかうまくいかなかったけど、なんとか出来ました。ほかにもっといい方法あるかも。

るーく

1.ブラシツールで線画を描く。

2.線画レイヤーをコピーして複製する。

3.一方の線画は「オブジェクト」→「パスのアウトライン」で塗りに変換する。

4.ライブペイントツールでphotoshopのバケツツールと同じ要領で色を塗っていく。

5.塗りが終わったら、ライブペイントグループをを「拡張」して編集可能なオブジェクトにする。

6.いちおう塗りに変換した線画は削除してしまう。

7.クライアントが編集しやすいようにレイヤーを整理する。

イラレは一本一本の線がすべて別々のレイヤーになってしまうのでとってもレイヤーが煩雑になってしまう。けっこうレイヤーの整理が手間です。
もっと効率のいいやり方があるかもしれないので、今後も模索していこうと思います。

WS000000.jpg
レイヤー構造。
パーツごとにグループ化して整理しました。

Date: 2011.12.03 Category: 制作日記  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

マルムギ コウジ

Author:マルムギ コウジ
岐阜県在住。
趣味で絵を描いてます。
仕事も受け付けてます。(絵柄はピクシブをご参照ください)
作業環境
OS:windows10 64bit
Soft:photoshopCS5
CLIP STUDIO PAINT

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
pixivデイリーランキング
pixivマイイラスト
本棚
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。