スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

次回作

また編集に見せるために、前作の「守り人」と平行して構想を練ってた作品を描いています。
今回は「萌え」にうるさい友人との共同作品。
基本的にシナリオを友人が担当して僕が漫画を描くという形ですが、各作業工程ごとに二人で話し合いながらやってるので、なんか新鮮で楽しいです。

楽しいついでにデビューできんもんかな~。

キャラ表コスチューム01今回は前よりラフなタッチで描こうかと思っとります。
スポンサーサイト
Date: 2009.11.20 Category: 制作日記  Comments (0) Trackbacks (0)

マルホランド・ドライブ

マルホランド・ドライブ [DVD]マルホランド・ドライブ [DVD]
(2002/08/21)
ナオミ・ワッツローラ・エレナ・ハリング

商品詳細を見る

最近、デビッド・リンチの映画にすっかりはまってしまった…。
なかでも衝撃的だったのがこの「マルホランド・ドライブ」。
今まで見たデビッド・リンチの映画でまともに「わかったかな?」と思えるのは、「ストレート・ストーリー」と「ワイルド・アット・ハート」ぐらいで、ほかは「なんのことやらさっぱり…」という感じ。
にもかかわらず、ずっと手元に置いておきたい気分にさせる。ほんと不思議な魅力を持ってる。

で…この「マルホランド・ドライブ」も最初見たときやっぱりわかんなかった…。
ただなんとなく「ハリウッドのかなしい虚栄」という印象を受けて「悲しげな映画だな」と思ったくらいだ。でも意味わかんないけど気になるシーンがいっぱいありすぎて、ついネットで個人で解釈してるサイトとかを見てしまいました…(汗)
邪道です……はい。正直パズル解きは苦手だよ~。
で…いろいろサイトをみると「前半を夢、後半を現実」と解釈してて、正解かどうかは分からないけど個人的にすごく納得した。と、同時に「なんて悲しい映画なんだ!!」と衝撃を受けた。
それを踏まえてまた見てみると、ものすごく映画世界の濃さが強まって感じられて、最後のほうの「泣き女」の歌のシーンでは思わず泣いてしまった。
監督は「理屈ぬきで感じて欲しい」と言ってたけど、まさに感じる映画だ。まるでヒロインの無意識が作り出したドキュメンタリーをすぐ近くで見てるような気分で、ヒロインの悲しみがものすごくダイレクトに伝わってくる。

この映画をもし、「言葉で説明できる分かりやすいストーリー」として整理された映像で作ったなら、観客と映画の距離はグンと広がって、「安心感」とともに「他人事」のお話になってしまい、これほどの体感は得られなくなるんじゃないかと思う。
あらためてデビッド・リンチの手法ってすごい!と思いました。
Date: 2009.11.13 Category: レビュー  Comments (0) Trackbacks (0)

守り人

編集でボツになったやつですが…せっかく完成させたのでアップしました。
よかったら見てみてください。


タイトル守り人

Date: 2009.11.10 Category: マンガ  Comments (2) Trackbacks (0)
プロフィール

マルムギ コウジ

Author:マルムギ コウジ
岐阜県在住。
趣味で絵を描いてます。
仕事も受け付けてます。(絵柄はピクシブをご参照ください)
作業環境
OS:windows10 64bit
Soft:photoshopCS5
CLIP STUDIO PAINT

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
pixivデイリーランキング
pixivマイイラスト
本棚
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。