スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

悪魔




再び友人とのコラボです。

邪悪な曲を作ってくれたんで邪悪なイメージイラストを描いてみましたw

オリジナル画像はこちら→悪魔s


始めはmonotoribeというシンセだけの曲で機械っぽかったんだけど、ギターを足したらすごくドラマチックに変化したんですげーと感心。
なんか悪魔のコードwというのがあるらしく、ゴシックで悪魔チックに変身しました。
最初のSEもシンセで作ったものだそうで、なにげにそれが一番びっくりしたかも。(てっきりサンプリングかなんかかと思った…)

イラストは、曲の雰囲気を受けて始めは「闇夜の森の中で魔法使いが秘密の儀式をしていて、それを後ろで心霊写真っぽく悪魔が見つめている…」というイラストにしようと思ったんだけど、ちょうどその日にネットで楳図かずお原作の「おろち」ていう映画を見まして、そこで描かれていた「美への執着」というテーマにインスパイアされて、「やっぱ女の人を描こう!」となり、こうなったわけです。

魔法を唱えるにしても、何を目的に唱えているのかっていうことが加わるだけでがぜんドラマチックになるってもんです。

SEにあわせて窓の外では土砂降りの雨が降ってるっていうふうにしたんだけど、いろいとテクスチャ載せたりしたもんだから分かんなくなっちゃった…。いちおう窓の外の風景も描いたんだけど…まあ全体の雰囲気としては焼けただれたフィルムのような荒れた画質というか、意識の深層のようなあんまりはっきり見えない感じにしたかったので、そういう意味ではけっこう自分の意図した感じの画面作りが出来ました。


「美への執着」にインスパイアされて描いたわけですが、この絵の中の女性は自分のつもりで描きました。
というか、どんなイラストを描くにしても結局自分の心を映すことになるような気がする。
魔術は、外部の力を表します。現実世界の場合、それは肩書きだったり、パソコンだったり、車だったり、化粧品だったり、ファッションだったり、知識だったりする、「自分をパワーアップさせるような気がするもの」です。
でも、はたしてそれは本当に自分をパワーアップさせているんだろうか?
美に執着して、化粧やファッションに凝るばあい、その裏側には「老いて醜くなることに対する恐れ」があるかもしれない。
となると、パワーアップというよりは、おそれを一時的に忘れさせてくれるものなんじゃないか?そして外部の力に依存すればするほどおそれは心のドアを強く叩く。
強くドアを叩く音をかき消すためにはより強力な魔法が必要だ。そしてどんどん狂気に蝕まれていく…。
そんなイメージで描きました。すごく極端ですが…。
でも自分の中に確実におそれから逃げて外部の力にすがろうとする心があるので、戒めみたいなものです。
そうやって外部に自分の力を明け渡す=魂を売ることによって自分の中の悪魔=エゴはほくそ笑むというわけです。


いや~ちょっと疲れたw



友人のHP
独自のインストをいっぱい作ってて、聴くこともできます。なんか何度も聴いてるとするめのように味が出てくる…w
邪悪で独特な世界観はイラストにもいろんなイメージを与えてくれますね。
スポンサーサイト
Date: 2012.03.30 Category: 音楽  Comments (2) Trackbacks (0)

FCならぬMD

またまた友人がレトロなミュージックを作ったので、専属イラストレーターとしてドット絵を描かせていただきました。

今回もFCルールに基づいて絵を描いたつもりだったんだけど、3色+透明色のパレットを4パターンまで、というルールをうっかり超過してしまい、6パターンぐらい使ってしまった。

曲もたしかFCは3トラックまでだと思うんだけど、4トラック使ってるっぽいので、FCといっても後期の拡張機能をほどこされた物か、もしくはメガドラクオリティになりました。

友人的にはメガドラが好きみたいで、○ァンタシースターのイメージで作ったみたいです。
なので僕としてもファ○タシースターⅡのOP画面を参考にして作ってみました。

THE SHINING PLANETという架空のゲームですが、ファン○シースターの人気に便乗して作られたが鳴かず飛ばずで消え去ったB級RPGという設定ですw(あ、2012年じゃなくて1989年ぐらいにしとけばよかった。)



画像はこちら↓
shining planet
Date: 2012.03.17 Category: 音楽  Comments (2) Trackbacks (0)

80’s!

80~90年代に一世を風靡したファミリーコンピュータというものがありました。(誰でも知ってるか…)
僕がTVゲームに特に夢中になってた時代というのは、ちょうどファミコン、スーファミあたりです。

ゲームも進化して今や映画と見紛うばかりのハイクオリティな映像や音楽になっていますが、インパクトという意味では、僕の中では未だにファミコンの「FF3」がダントツ1位です。
今までの自分の人生の中で、自分の中のTVゲーム熱と名作の出るタイミングが一番うまくシンクロした作品だった…と言い換えてもいいと思う。
今でもいろいろ名作は出てるんだと思うけど、もうゲーム熱は覚めちゃったもんだから電車の車窓から眺める風景みたいになんのひっかかりもなくスルスル通り過ぎていくばかりだ。

ただ、クリエイトするとなると少し話は違ってくる。

最近、おぼろげに「ファミコンっぽいレトロなRPGをつくってみたらどうだろうか?」という考えが頭をかけめぐっています。
ただRPGづくりというのは以前少し経験があるんだけど、けっこう手間がかかる。ましてやグラフィックもすべて自作するとなると、挫折する可能性大だ。
でも表現手段としておもしろいなと思ってます。

一人で何か壮大な物語をつくるとしたら、アニメとか最近のようなゲームはまず無理だ。マンガはできないことはないかもしれないけど、それよりも、グラフィックをファミコンレベルにうんとグレードダウンさせたら面白いんじゃないかと思った。

いわば俳句みたいなもんだ。5・7・5というルールのように、使える色数とか解像度とかの制限を設けることで、作品をうんと単純化する。でもそれはドラマを薄めることにはならない。俳句も短い歌のなかに世界観がギュッと凝縮されているようにレトロRPGも壮大なドラマがギュッと凝縮された仙豆のような存在だ。
凝縮された世界は、プレイヤーの頭の中で解凍される。無限に。


そんなわけで最近、ネットでファミコン特有のグラフィックやサウンドに関する制限事項をいろいろ調べてました。
あいにく理系音痴なので、コンピュータのつっこんだ話はちんぷんかんぷんですが、とりあえず使える色数とか、使えるグラフィックのパターン数とかいろんな制限を憶えました(勘違いも多々あるかもしれないけど…)
まあ、それっぽいのができればいいんです、気にしない!

とりあえず、ほんとにゲーム作るかどうかはともかくとして、素材とか作ってみようかと思ってます。


ところで、サウンドに関しては、音楽やってる友人といろいろ話をしました。
そういうレトロな音楽作るにはどうしたらいいか、とか。
フリーでいろんなシーケンサーがあるんだけど、けっこうむずそうです。
なんかファミコンの音源っていっても、「ピアノ」とか「ギター」みたいに決められた音色があるわけじゃないっぽくて、決められた波形?みたいなのがあってそいつをいじって自分で音色をつくんなきゃいけないらしい。
自由度が高いとも言えるけど、ほとんど音楽の知識のない自分が、「ちょっくら曲でもつくってやるか」というノリでできるもんではないようです(汗)

そんな中で友人が「musagi」という外国のフリーソフトを見つけてくれました。例によって音を自分なりに編集して曲もつくれるシーケンサーで、このソフトだとけっこうファミコンっぽい音をつくることができるようです。…といってもやっぱ自分には敷居が高そうですが。



で、友人がそのソフトでちょっくら曲をつくってくれたので、またそれ用のレトロな画像をプレゼントしました(^^)
キャラが手にしてるギターはじっさい友人が使ってるものをモデルにしました。



すごい…自分で言うのもなんですが、ファミコンだ…!
Date: 2012.03.08 Category: 音楽  Comments (2) Trackbacks (0)

kokoro no noise

このまえ投稿した自分のイラストですが、参考にした友人の曲をこちらでも聴けるようにしました。
 
you tubeの動画がFC2ブログに貼れるなんて知らなんだ…。



Date: 2012.03.04 Category: 音楽  Comments (0) Trackbacks (0)

no.001

「作曲ってしてみたいな~。」
と思っていた頃、友人の助けでいろんな音楽機材を格安で手に入れることができ、とんとん拍子に最低限の音楽製作環境がととのいました。
素人の自分には十分な環境です。(infernoくん、ありがと~!)

・Ibanezというメーカーのエレキギター
・KORGというメーカーのAX1Gというマルチエフェクター
・YAMAHAのQY70というMIDIシーケンサー
・録音はPCでAudacityというフリーソフト

「これはもう、作るしかない!ひまだし!」
というわけで、1か月くらいチマチマとつくってました。
シーケンサーはPCのソフトでもフリーであったりするんだけど、いちいちPCを立ち上げるのがめんどい…
QY70はコンパクトでお手軽でものぐさな自分にはぴったりでした!

いろいろヘッポコですが、「千里の道も一歩から」ということでアップします。

no.001
Date: 2010.07.05 Category: 音楽  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

マルムギ コウジ

Author:マルムギ コウジ
岐阜県在住。
趣味で絵を描いてます。
仕事も受け付けてます。(絵柄はピクシブをご参照ください)
作業環境
OS:windows10 64bit
Soft:photoshopCS5
CLIP STUDIO PAINT

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
pixivデイリーランキング
pixivマイイラスト
本棚
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。